優先席

今日、電車で若い男性(20代前半)の方が優先席に座っていました。
ふと目をやると、向かい側のドアから銀髪の御婦人が乗って来ました。

耳にはヘッドホン、手には携帯電話を持ったその若い男性は
すぐさま立ち上がり、その御婦人に席を譲っていました。

彼の行動には、一片の迷いも感じられませんでした。
それほど確信に満ちた行動でした。

時間にしてほんの数秒の出来事ですが
口では言い表せない「何か」が、その場にあったと思います。

席を譲った彼も、譲られた御婦人も、それを見ていた周囲の人も
すべての人が等しく「幸せ」を感じたのではないでしょうか?

彼にとっては当たり前の行為だったのかも知れませんが
私はその勇気を称えます。

大切なことを教えてくれて、ありがとう。
[PR]
by e-shima | 2004-10-17 01:41
<< 料理 読書 >>